納骨堂は多様なニーズに答えます|故人を偲ぶために

多様化するお墓事情

墓地

個人でも買えるお墓

最近の日本は生涯未婚率が高くなり、少し前に比べると結婚しない人も増えました。他の家族とのお墓に入るのであれば、亡くなった後のお墓の管理などは心配ありませんが、家族とのお墓には入れなかったり入りたくないという人もいます。そんな人たちに人気が出てきたのが納骨堂です。納骨堂は名前の通り、骨壺に入っている遺骨を保存しておく建物です。この納骨堂は大きく分けて3種類あり、民営、寺院、公営によって運営されています。公営のものは自治体が取り決めた条件をクリアしていなければ利用することはできませんが、寺院の場合は檀家になっていなくても利用できるところが多いです。また民営は宗派などの制限がない場合が多いのでそれぞれ自分に合う場所を選ぶことができます。

メリットがたくさん

納骨堂が注目されるようになったのは未婚の人が増えたことだけでなく、日本の土地柄も関係しています。土地の狭い日本で墓地の区画を購入するとなると墓石と合わせると高額になりますが、納骨堂はマンション形式でも作ることができるので、土地が狭くても大勢の遺骨を納めることができ、比較的安価です。さらに墓石の掃除などの必要もありませんし、維持管理をする必要がないので維持も簡単です。また一般的なお墓に比べると土地が少なくて済むこともあり、比較的便利な立地につくられることが多く、東京都だけでも納骨堂の数は400を超えています。宗派に関係なく納骨してくれるため、自分がお参りしやすい納骨堂へ霊園から移すことも困難ではありません。

遺品の整理や葬儀

軍手

遺品整理を業者に依頼しておこなうスタイルが増えています。親族が遠方に住んでいたり付き合いも少ない場合には、業者に依頼することでスムーズに遺品の整理が進みます。最近では、生前に遺品整理や葬儀の予約をおこなう人が増えています。横浜にはたくさんの遺品整理業者があり、多くの人に利用されています。

もっと見る

インテリアとしても人気

和室

都会的な暮らしの中では昔のように仏壇を置くというスペースは設けられないものです。しかし、都会で暮らす子供たちは田舎の実家の親からいつかは位牌などを引き継がなければならないため、そのための仏壇をどうするかには悩むものです。そのような時にデザイン性が高く、コンパクトな現代仏壇は洋風住宅にもマッチします。

もっと見る

孤独死の後の清掃を依頼

室内

福岡で賃貸アパートを経営している人もいるでしょう。しかし時には孤独死が発生します。資産価値を目減りさせずに次の入居者に入ってもらえるように、速やかに遺品整理業者によって清掃を終えるように作業を依頼するようにしましょう。

もっと見る